このページを印刷する

ライフスタイル

ライフスタイルライフスタイル

生活者と共に社会課題解消につながる先進的な生活様式を捉え、パートナーと共に先端技術を用いて社会基盤化する、ライフスタイルの提案・実証

アクティビティ

ニュースリリース・トピックス

KDDI research atelier
2022年8月23日

水上ドローンを活用した藻場調査に成功

KDDI research atelier
2022年7月22日

JAXA「THINK SPACE LIFEアクセラレータプログラム」、JAMSSの健康管理支援サービス開発パートナーに選定

KDDI research atelier
2022年4月26日

あらゆる人の読書体験を広げるために。KDDI総合研究所とオトバンク、 オーディオブック制作過程のDX化に関する共同研究契約を締結

KDDI research atelier
2022年3月29日

超高齢社会の課題を解決できる人材の育成・創出を目指すプロジェクト「ソーシャルデザインエルダー」を開始

KDDI research atelier
2022年3月25日

5Gを活用した屋外ワークスペースの実証実験を実施

もっと見る

研究員・アナリスト

論文・国際会議

地域DX推進と人財育成に向けた包括連携に基づく教育実践

江崎 修央(鳥羽商船高等専門学校), 中川 弘之(KDDI), 吉原 貴仁

システム制御情報学会 「システム/制御/情報」

2022年6月

将来の交通環境の変化が交通環境負荷に与える影響に関する研究

三瀬 遼太郎(早稲田大学大学院), 井原 雄人(早稲田大学大学院), 小林 亮博, 上坂 大輔, 南川 敦宣(KDDI), 森本 章倫(早稲田大学)

土木学会論文集 D3(土木計画学)

2022年5月

How Modern Capitalistic Urban Regeneration Affects Locality and Identity of Place

Ryo Terui

Place and Placelessness in a Planetary Age 2022

2022年5月

Developing Architecture for Platform-based Circular Economy Business: An Exploratory Study

Takamitsu Hirota(The University of Tokyo), Yusuke Kishita(The University of Tokyo), Masakuni Tsunezawa, Kohei Sugiyama, Kazuyuki Tasaka, Yasushi Umeda(The University of Tokyo)

The 29th CIRP Conference on Life Cycle Engineering (LCE 2022)

2022年4月

Mobility and Learning Through Tourism:Touristic Learning of Children During Family Travels

Takayuki Daimon

International Journal of Mobile and Blended Learning (IGI Global)

2022年3月

もっと見る

受賞・表彰

2022.3.3

一般社団法人 情報処理学会「2021年度 山下記念研究賞」

Occlusion aware Facial Landmark Detection based Facial Expression Recognition with Face Mask

楊 博、呉 剣明、服部 元

2021.12.15

一般社団法人 電子情報通信学会「電子情報通信学会 シニア会員」

電子・情報・通信ならびに関連事業の発展への寄与

新井田 統

2021.6.24

一般社団法人 情報処理学会 「2020年度 AVM賞最優秀賞」

Occlusion aware Facial Landmark Detection based Facial Expression Recognition with Face Mask

楊 博、呉 剣明、服部 元

2021.3.19

一般社団法人 言語処理学会 第27回年次大会「委員特別賞」

翻訳精度に基づく固有名詞の翻訳手法の研究

高井公一(NAIST)、服部 元、米山暁夫、安田圭志、須藤克仁、中村 哲(NAIST)

2019.12.9

一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム「ACEアワード グランプリ」

障がいから得た気づきから一人で自らプロジェクトを起こし、振動素子を利用した新しい音声通話デバイスの開発に成功、その後商用搭載にこぎつけ、世界中のお客様に「使いやすい・聞きやすい」技術をお届けする事が出来た。

鈴木雅弘

もっと見る