株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

5G時代を見据えた先端テクノロジー スポーツ行動認識AI×IoTボールでアスリートを育成・支援

~ボールの軌道と正しい姿勢をスマホでかんたん表示~

2019年10月7日
KDDI株式会社
株式会社KDDI総合研究所
株式会社アクロディア

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下、KDDI)、株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島康之、以下、KDDI総合研究所)、株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:堤 純也、以下、アクロディア)は、スマートフォンなどのカメラで撮影したスポーツ選手の映像から手や足の指先を含む骨格点65点の動きを認識するスポーツ行動認識AIとセンサー内蔵型ボールからスマートフォンで取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てることができる、アスリート育成支援システム(以下、本システム)を開発しました。
本システムは、2019年10月15日から2019年10月18日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される展示会「CEATEC 2019」のKDDIブースに展示します。

 

 

 

<アスリート育成支援システムの概要>

 

 

これまでKDDIとKDDI総合研究所は、単眼カメラの映像からスクワットなど31種類のトレーニング動作や姿勢を認識する「宅内行動認識AI(注1)」に加え、指先を含む骨格などの動きやボールを捉え、パスやキャッチなどの基本動作を認識する「スポーツ行動認識AI(注2)」の開発を進めてきました。

 

本システムは、スポーツ行動認識AIを活用しスマートフォンで撮影した競技者の映像から65カ所の骨格点を抽出して競技者の動きを捉え、フォームや身体の使い方を認識し、分析することが可能となります。加えて、アクロディアが開発したセンサー内蔵型ボールを使い、ボールの速度や回転数、回転軸などのデータと競技者の動きを組み合わせ、競技者の動きがボールに与える影響などを分析し、フォームの改善点などをアドバイスすることが可能となります。

 

また、今回本システムの開発に伴い、アクロディアは「TECHNICAL PITCH」に続くアスリーテック対応デバイスとして、センサー内蔵型サッカーボールを開発しました。
アクロディアとKDDIは、2019年7月9日より、センサー内蔵型ボールなどのIoTデバイスから取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てることができる、スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech™」(以下、アスリーテック)の提供およびアスリーテック上に蓄積されるデータを活用した スポーツテックサービスを開始しました(注3)。

 

今後KDDI、KDDI総合研究所、アクロディアは、5G時代を見据えて、大容量の動画コンテンツの活用や、蓄積されたデータを利用したオンラインコーチング、ケガの予兆検知など、アスリートを全般的にサポートする情報提供が可能な環境の整備や、本システムのアスリーテックへの導入の検討を進めていきます。

 

詳細は別紙を参照ください。

 

 

 

(注1)2018年10月9日報道発表:31種類のトレーニング動作や姿勢を認識する宅内行動認識AIを開発
(注2)2019年3月14日報道発表:「第1回タグラグビードリームマッチ2019」を“聖地”秩父宮ラグビー場で開催 試合映像とウェアラブルセンサーに基づく心拍数データなどをスマホでリアルタイム配信
(注3)2019年7月1日報道発表:スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech™」(アスリーテック)を提供開始

 

※会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

 

 

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。