株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

調査レポート R&A「シェアリングエコノミーの現状と展望(第1回)〜 サンフランシスコのカーシェアリング事情」

2020年5月12日
株式会社KDDI総合研究所

 

KDDI総合研究所は、国内外のICT市場動向、情報通信政策などについて多角的な視点から調査したレポートR&Aを発行しました。

 

タイトル:シェアリングエコノミーの現状と展望(第1回)〜 サンフランシスコのカーシェアリング事情

 

執筆者 :KDDI総合研究所 特別研究員 高橋陽一

 

シェアリングエコノミーの世界的な進展に伴い、所有からシェアへと移行するライフスタイルの変化がさまざまな分野で起こっている。車社会の米国にもシェアリングの波が押し寄せてきた。車のシェアリング形態として、ライドシェアリングは話題性が高く、庶民の足として欠かせない存在になっており、成長性も有望視されているのに対し、カーシェアリングは比較的地味で目立たず、市場規模も小さいと見込まれ、縮小や撤退の動きさえ見られる。
本レポートでは米国におけるシェアリングエコノミーの現状と展望をテーマに、さまざまな分野における所有からシェアへのライフスタイルの変化に焦点を当てることとし、まずはカーシェアリングを2回に渡って取り上げる。その第1回となる本稿では、シェアリングエコノミーとカーシェアリングの概念を整理した上で、先進事例としてサンフランシスコにおけるカーシェアリング事情を紹介する。第2回では米国のシェアリングエコノミーにおけるカーシェアリングの有効性や問題点を、筆者の体験を交えてできる限り深掘りし、カーシェアリングの将来性を考察する一助とする。

 

With the global developments in the Sharing Economy, the changes in people’s lifestyle are ubiquitous, with an unmistakable shift from owing to sharing. This wave of sharing has made significant inroads into the car-dominated US. Among the modes of sharing cars, ridesharing features prominently, and has become a crucial means of transportation for vast numbers of people, and is expected to have a huge growth potential. Contrastingly, the carsharing market is relatively modest, perceived as sitting on the sidelines and lacking sizable market potential, to the point that some platform providers have even been forced to scale down or shut down their businesses.
This is a series of reports under the umbrella theme, Outline and Outlook for the Sharing Economy, focusing on this fundamental transition from owning to sharing that is taking place in numerous fields in the US. The following two-part report on carsharing serves as the starting point for this broader discussion. As the initial installment, this paper gives readers a general overview of the sharing economy and carsharing, followed by an introduction to the developments in carsharing in San Francisco, a front-line city for innovative technology and services. With a view to help readers gain insights into the future of carsharing, the second part will discuss, in as much depth as possible, the advantages and challenges of carsharing in the US, including reflections based upon the author’s hands-on experiences.

 

地域:米国

他のレポートは、「調査レポートR&A一覧」からご覧ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。