このページを印刷する

ロボティクス

ロボティクスロボティクス

人とロボットが共生する社会に向けて、通信とロボットが調和するロボットフレンドリーな環境実現に関する研究開発

ニュースリリース・トピックス

KDDI research atelier
2022年2月24日

大規模集合住宅「プラウドシティ日吉」での商品配送に係る実証実験を開始

KDDI research atelier
2021年12月14日

世界初の水空合体ドローン、遠隔での水中撮影に成功

先端技術研究所
2021年11月24日

第5世代移動通信システムを活用した高速道路施設管理の高度化等実証実験を行います

先端技術研究所
2021年10月14日

Beyond 5G時代にヒトやモノへ最適な移動手段を提供するドローン・自動運転車の協調制御プラットフォームの研究開発に着手

KDDI research atelier
2021年10月1日

わずか3分の音声データから自分の声を合成する技術を開発

もっと見る

論文・国際会議

SASL: Saliency-Adaptive Sparsity Learning for Neural Network Acceleration

Jun Shi(USTC), Jianfeng Xu, Kazuyuki Tasaka, Zhibo Chen(USTC)

IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology

2021年5月

Learning Joint Twist Rotation for 3D Human Pose Estimation from a Single Image

Chihiro Nakatsuka, Jianfeng Xu, Kazuyuki Tasaka

The 16th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP 2021)

2021年2月

Learning of Low-Level Feature Keypoints for Accurate and Robust Detection

Suwichaya Suwanwimolkul, Satoshi Komorita, Kazuyuki Tasaka

Winter Conference on Applications of Computer Vision 2021 (WACV 2021)

2021年1月

Efficient Diverse Response Generation in Attention-based Neural Conversational Model with Maximum Mutual Information

Yuki Kisida(Doshisha University), Tsuneo Kato(Doshisha University), Yanan Wang, Jianming Wu, Gen Hattori

Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2020(APSIPA ASC 2020)

2020年12月

Advanced Multi-Instance Learning Method with Multi-features Engineering and Conservative Optimization for Engagement Intensity Prediction

Jianming Wu, Bo Yang, Yanan Wang, Gen Hattori

The 22nd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2020)

2020年10月

もっと見る

受賞・表彰

2021.3.12

経済産業省(幹事)、一般社団法人日本機械工業連合会(幹事)、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省「第9回ロボット大賞『審査員特別賞』」

母船レス海底調査を可能とする洋上・海中ロボットシステム

Team KUROSHIO(海洋研究開発機構、東京大学生産技術研究所、九州工業大学、海上・港湾・航空技術研究所、三井E&S造船株式会社、日本海洋事業株式会社、株式会社KDDI総合研究所、ヤマハ発動機株式会社)

2019.8.9

ダイワロジテック物流ロボットプログラミングコンテスト事務局「物流ロボットプログラミングコンテスト最優秀賞」

物流ロボットが多数稼働する未来の物流施設の実現を目的に入荷や出荷の実績データが提供され、ロボットを最適に動かすプログラムを作成しその効率性を競うコンテストで、入荷や出荷の効率性の高さが評価

花野博司