株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

2030年を見据えた新たなライフスタイルを提案する研究拠点「KDDI research atelier」を2020年12月17日に開設

~国内外のパートナーとともに「KDDI Accelerate 5.0」を推進~

2020年12月17日
KDDI株式会社
株式会社KDDI総合研究所

KDDIとKDDI総合研究所は、2030年を見据えた新たなライフスタイルを提案する調査・応用研究拠点として、「KDDI research atelier(リサーチアトリエ)」(以下、本拠点)を2020年12月17日に東京 虎ノ門に開設します。

 

 

 

<施設の様子>

 

 

KDDIとKDDI総合研究所は、「Society 5.0」(注1)の実現を5Gで加速する、2030年を見据えた次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」を2020年8月31日に策定しました。本拠点では、「KDDI Accelerate 5.0」の構想をもとに、「KDDI DIGITAL GATE」や「KDDI ∞ Labo」などのKDDIグループのアセットを活用しながら国内外の企業や研究機関とパートナーシップを組み、生活者や社会の中長期的課題の解消と、生活者一人ひとりに最適化されたライフスタイルの実現を目指します。また、「KDDI Accelerate 5.0」で示した7つのテクノロジー(注2)の応用研究を推進し、実現に向けた取り組みを加速していきます。

 

■ 「KDDI research atelier」の取り組み

 

1.生活者のさまざまな意見をもとに、「購買」や「健康づくり」などの新たなライフスタイルを提案します。
2.新たなライフスタイルに関する応用研究(技術検証と受容性検証)を行います。埼玉県ふじみ野市の研究開発拠点「先端技術研究所」における最新の研究成果を活用し、パートナーの独自技術も取り込んで技術検証を行います。また、パートナーに新たなライフスタイルを体験いただき、体験中の映像や音声からリアルな反応を収集し、新しいライフスタイルの受容性を評価するとともに、その改善に活かしていきます。
3.2021年度以降、提案するライフスタイルや応用研究の成果について、実際のフィールドで生活者の皆さまと共有・議論するためのコミュニティを立ち上げ、その取り組みを広く発信していきます。

 

 

 

<「KDDI research atelier」で提案していく新たなライフスタイル>

 

 

KDDIは、これからも事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意を込め、2030年を見据えたKDDIのSDGs 「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来のためにある~」を策定しました。

 

KDDIとKDDI総合研究所は、「通信とライフデザインの融合」を推進するとともに、「KDDI Accelerate 5.0」の取り組みを通じて"社会の持続的な成長に貢献する会社"としてさまざまなパートナーとともにワクワクする未来社会を創造していきます。

 

研究内容の詳細は別紙をご参照ください。

 

 

 

 

 

<別紙>

 

 

■ 「KDDI research atelier」の研究内容
※2020年12月17日時点

 

1.【購買の変化】買い物は無意識に。自分の時間がふえる購買の未来。
日常の食品や日用品などの購入にかかる生活者の負担を解消するため、購買プロセスを省力化し、余白時間を創出するライフスタイルの実現を目指します。XRを活用したオンデマンド注文および大容量・低遅延ネットワークで安定的に動作するロボットなどを活用し、自宅での商品・サービス購入と店舗側の商品配送などを効率化する「ライフデリバリー」に関する研究開発を推進していきます。

 

 

 

2.【健康づくりの変化】負担なく、個人で健康管理できる未来。
健康管理にかかる生活者の負担を解消するため、本人の望む形で提供されたパーソナルデータに基づく健康管理を理想的な形で行うライフスタイルの実現を目指します。食事画像の自動解析や、XRアバターの遠隔カウンセリングを通じた問診データの自動作成によるパーソナルデータに基づき、一人ひとりに合わせた生活習慣改善のアドバイスを行う「データヘルス」に関する研究開発を推進していきます。

 

 

 

3.【趣味・遊びの変化】アマチュアとプロの境界がなくなる趣味・遊びの未来。
新しい趣味を始める際やさらなる上達を目指す際のスキル習得にかかる生活者の負担を解消するため、スキル上達のノウハウや練習環境を手軽に得られるライフスタイルの実現を目指します。骨格点の動き推定や自由視点技術を用いて、最良視点からの動作チェックやアドバイスなどを実現するための研究開発を推進していきます。

 

 

 

4.【働き方の変化】自分で働き方をデザインする、個人がグローバルに活躍する未来。
仕事で自身の能力などを発揮できていないと感じる生活者の不満を解消するため、能力を活かし、より創造性の高い仕事に取り組むことができるワークスタイルの実現を目指します。能力を十分に発揮できる仕事を提案するジョブマッチングプラットフォームや、クリエイティブな共創活動を支えるワークスタイルデザインの研究開発を推進していきます。

 

 

 

5.【住み方・暮らし方の変化】場所にしばられず、自由に暮らしていく未来。
住む場所や働く場所にしばられず、自由に暮らしていきたいという生活者の負担を解消するため、見知らぬ土地など、移動先でも一人ひとりに最適化されたライフスタイルの実現を目指します。AIが個人にフォーカスした情報を提供し、思いがけない新たな楽しみ方の発見やトラブルのない快適な生活行動をサポートする研究開発を推進していきます。

 

 

 

■ 「KDDI Accelerate 5.0」について
KDDIとKDDI総合研究所が策定した、経済発展と社会的課題の解決を両立する持続可能な生活者中心の社会「Society 5.0」の実現を5Gで加速する、2030年を見据えた次世代社会構想です。ネットワーク、プラットフォーム、ビジネスの3つのレイヤの環境整備と、その実現を支える7つの分野のテクノロジーとそれらが密接に連携するオーケストレーション技術の研究開発により、生活者の誰もが意識することなく安心してテクノロジーの恩恵を享受できるフィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の高度な融合を実現し、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展・社会的課題の解決を両立するレジリエントな未来社会の創造を目指します。

 

「KDDI Accelerate 5.0」の詳細はこちらをご参照ください。

 

■ KDDIの虎ノ門エリア拠点について
KDDIグループは、新規ビジネスの創出拠点「KDDI DIGITAL GATE」、自らの多様な働き方の実践による企業の働き方DXの推進拠点「KDDI法人部門 虎ノ門新拠点」および、ニューノーマル時代のライフスタイルの提案に向けた研究拠点「KDDI research atelier」、これら3つの虎ノ門エリアに位置するオープンイノベーション拠点を連携させ、次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」で目指すフィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の高度な融合によるレジリエントな未来社会の創造を目指します。

 

 

(注1)経済発展と社会的課題の解決を両立する持続可能な生活者中心の社会
(注2)フィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の高度な融合によるレジリエントな未来社会の創造実現のための7つのテクノロジー分野((1)ネットワーク分野、(2)セキュリティ分野、(3)IoT分野、(4)プラットフォーム分野、(5)AI分野、(6)XR分野、(7)ロボティクス分野)

 

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。