株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

KDDIとMUTEK Japan、世界最先端のデジタルアート&ミュージックの祭典「MUTEK.JP 2018」を共催

~5G時代を見据え、KDDIの有する先端テクノロジーとアーティストがコラボレートした作品「Block Universe #001」を披露~

2018年10月25日
KDDI株式会社
株式会社KDDI総合研究所

KDDI株式会社は、2018年11月1日から11月4日の間、日本科学未来館(東京都江東区)を中心に開催される音楽とテクノロジーを駆使した世界規模の祭典「MUTEK.JP 2018」を一般社団法人MUTEK Japan(本社:東京都中野区、代表理事:岩波秀一郎、以下、MUTEK Japan)と共同で開催します。KDDIとKDDI総合研究所は、「MUTEK.JP 2018」において、自由視点VR(注1)と音のVR(注2)をデジタルアートに応用し、世界初の技術(注3)を用いた作品「Block Universe #001」を披露するなど、AR・VRの先端テクノロジーを活用し、アーティストのさまざまな表現の可能性を拡げていきます。

 

 

 

 

MUTEKは、2000年にカナダのモントリオールでスタートした、電子音楽・デジタルアート・デジタルクリエイティビティの創造性の開発と文化芸術活動の普及を目的とした、国際的に名高い芸術フェスティバルです。国内での開催3回目を迎える今年は、ジェフ・ミルズやコーネリアス、初音ミク(海外版)など、世界各国から総勢70組以上のアーティストが参加する過去最大規模のデジタルアート&ミュージックの祭典として開催されます。

 

KDDIはMUTEKが標榜する世界最先端の技術を駆使したデジタルアート&ミュージックの普及というコンセプトに共感し共同事業として参画します。KDDIの有する先端テクノロジーをアートというジャンルに当てはめることで、さまざまなジャンルのクリエイター、アーティストと新たな表現の場を創造していきます。

 

KDDI総合研究所が開発した自由視点VR、音のVRを応用したインスタレーション作品「Block Universe #001」を披露します。特殊メイクで再現されたモナ・リザがスマートグラスを通じて立体的な姿でお客さまの目の前に登場します。歩くごとに様々に変化する音響の中、先進技術により動くモナ・リザとつかの間の邂逅が体験できる作品です。本作品はKDDIと著名アーティスト陣によるクリエイティブ集団「da Vinci ers(ダビンチャーズ)」により制作され、今後も「da Vinci ers」は先進技術を用いたアート制作・演出・展開を軸とした活動を行っていきます。

 

 

 

 

今後も、KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、ARやVRなどのさまざまな先端テクノロジーを活用し、5G時代に向けリアルエンターテインメントと通信を融合した新しい体験価値を創造していきます。

 

詳細は別紙をご参照ください。

 

 

 

(注1)自由視点VRは、複数のカメラ映像から人物や背景映像を自動で抽出し、3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)モデルで表現することで、実際のカメラ映像がないアングルからの映像鑑賞を実現します。
(注2)音のVRは、視聴者の操作や動作に応じたインタラクティブサウンドを合成する技術です。
(注3)複数のカメラやマイクに対応した映像・音響素材をもとに、任意の位置と向きに応じた視覚・聴覚を合わせて合成するコンテンツ制作技術。(当社調べ)

 

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。