株式会社KDDI総合研究所

政府の競争的資金等の執行に係わる体制

1.基本方針

株式会社KDDI総合研究所では、コンプライアンス経営を推進しておりますが、政府の競争的資金等の執行に係るものに関しては、文部科学省の定める「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(2007年2月15日文部科学大臣決定(2014年2月18日改定))」(以下、文部科学省ガイドラインという)に従い、資金の不正利用の防止に努め、健全な職務の執行を実施します。

 

2.管理責任者

競争的資金等の執行に係る体制として、以下の管理責任者を設置します。

 

(最高管理責任者)
所長は、最高管理責任者として、競争的資金等の運営・管理の責任を負う。

 

(統括管理責任者)
副所長(総務部門担当)は、統括管理責任者として、所長を補佐し、競争的資金等の運営・管理について会社全体を統括する。更に、不正防止計画をはじめとする会社内全体の具体的な対策を策定し、実施状況を管理するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。

 

(コンプライアンス推進責任者)
副所長(総務部門担当)は、コンプライアンス推進責任者として、会社内の競争的資金等の運営・管理に関わる全ての社員等に対し、コンプライアンス教育を実施し、習得の状況を管理監督する。更に、社員等が適切な競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。

 

(コンプライアンス推進副責任者)
研究プロモーション部門長は、コンプライアンス副責任者として、会社内における競争的資金等の運営・管理についてコンプライアンス推進責任者を補佐するものとする。

 

 

2017年6月7日
株式会社KDDI総合研究所
代表取締役所長 中島 康之

 

 

○取引企業様へのご協力のお願い
競争的資金等の執行に係る取引企業様に対しては、調達発注時に以下の内容の誓約書を御提出していただくこととしておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。
①    文部科学省ガイドラインを遵守し、不正に関与しないこと
②    内部監査、その他調査等において、取得帳簿の閲覧・提出等の要請に協力すること
③    不正が認められた場合は、取引停止を含むいかなる処分を講じられても異議がないこと
④    社員等から不正な行為の依頼があった場合には通報すること

 

○不正相談・通報窓口
競争的資金等の研究費の不正使用等に関する申立(告発等)は、弊社の「研究倫理統括者」を窓口としています。
書面にて、「研究倫理統括者宛」に申立(告発等)書をお送りください。

 

また、誓約書雛形については、PDFでダウンロードいただけます。