株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

メール誤送信防止なら Nazori Mail Checker

メール誤送信防止ならNazori Mail Checkerメール誤送信防止ならNazori Mail Checker

メールの宛先間違いなど、重大なセキュリティ事故を未然に防ぐ
メール誤送信を防止するoutlook向けメールセキュリティソフト
送信前の「なぞり操作」と第三者確認機能で簡単ダブルチェック

製品概要

 

メールを送信する前に、宛先・件名・添付ファイルなどの重要情報を確認できるoutlook向けメールセキュリティソフトです。
送信前に重要情報をマウスの操作でなぞる「なぞり操作」を促すことで、重大な事故につながる、メールの誤送信を防止します。メール作成者の確認に加え、第三者による確認フローを組み込むことができるので、ダブルチェックが可能となります。
メールソフト(Outlook)にアドインとして組み込むことにより利用できます。

なぞり操作とは?

「なぞり操作」は、PCの画面上に表示されている「情報」をマウスで「なぞる(指差する)」ことにより、情報の正しさ、誤りに気付かせる操作です。電子メールの送信前に「なぞり操作」することで、メールの宛先や添付ファイルの間違いといった誤送信を防止できます。

送信時前に重要情報をなぞって確認するメールセキュリティ *メールの誤送信はなぜ起きる? 慣れや思い込みによる確認作業「無意識による確認」を防ぐため、動作確認の制御(e.g.チェックボックス)、身体動作(e.g.指差し確認)を組み合わせた「なぞり操作」(画面上に表示されている・確認対象物をさわる)を行い、意識的に確認 *なぞり操作のシステム化 *なぞる「位置」、「速度」が確認に有効な「なぞり操作」かを判断し意識的な確認を促す *なぞり箇所を「強調」したりアドレスを「平仮名表示」するなど、より意識的に確認できるようUIを工夫 *操作履歴を残すことで「ユーザのメール誤送信防止」の実施管理や監査時のログ情報として活用可能

画面イメージ

画面操作イメージ メール作成>重要情報の確認1.重要情報の抽出、2.なぞる位置となぞる速度で有効ななぞり操作を判定、3.青矢印で表示されている重要情報を全てなぞると「送信」ボタンが有効になる※送信条件は設定変更可能>メール送信 間違いを発見したら「キャンセルボタン」でメール作成画面へ戻る

操作方法

特徴・機能

矢印で「なぞり操作」へ誘導

 

PC画面上に表示されている、送信前の電子メールの宛先・件名・添付ファイルなどの重要情報をなぞる「なぞり操作」を促します。重要情報の背面に、矢印(⇨)を表示することで、「なぞり操作」や確認を意識づけます。この時、「なぞり操作」で確認すべき社外の宛先と確認が必須でない社内の宛先に分類して表示するので、メールの宛先に社外のアドレスを含んでいることをひと目で確認できます。

「なぞり操作」の有無を色の変化でお知らせ

 

「なぞり操作」で確認すべき重要情報は、濃い色で強調。確認が完了した重要情報は色も変化させることで、メール誤送信を防止します。

「なぞり操作」の正確性を判定

 

チェックのルーティーン化、「なぞり操作」の〝なぞる位置が離れすぎていないか〟〝なぞる速度が速すぎないか〟を判定し、『有効な「なぞり操作」でない』と判定された場合は、再度「なぞり操作」を促します。慌てての確認ミスを減らし、誤送信を防止できます。

間違いに気づきやすいよう「なぞり操作」をサポート

 

単に情報をなぞるだけでは間違いに気づかない可能性があります。「Nazori Mail Checker」では、「なぞり操作」中の文字を強調したり、ローマ字や英語表記のメールアドレスを平仮名で表示したりするなど、さまざまな方法で確認対象を表示。間違いに気づきやすくなります。

第三者確認機能によるダブルチェック

 

「Nazori Mail Checker」をインストールしたPC間で、送受信するメールの宛先や件名、添付ファイルや本文の第三者確認機能を備えているので、上司や同僚と相互に「なぞり操作」で確認することができます。

※第三者確認機能の利用には、特別なサーバーなどを用意する必要はありませんが、ネットワーク構成などの一定の条件があります。詳細は、お問合せください。