株式会社KDDI総合研究所 このページを印刷する

MP-Factory 5.5

映像・音声のコーデック、自動画質評価など多機能を提供するソフトウェア開発キット

製品仕様

エンコーダ出力・デコーダ入力

 

映像
MPEG-2 SP@ML、MP@ML、422P@ML、MP@HL、422P@HL、MP@HighPL
(地デジ12セグ対応)
H.264/AVC Baseline/Main/High Profile
(Blu-ray、IPTV、アクトビラ、ワンセグ対応)
音声
MPEG-1 Layer Ⅰ/Ⅱ、MPEG-2 Layer Ⅰ/Ⅱ (LSF)
MPEG AAC LC Profile、HE-AAC、HE-AAC v2 (最大7.1ch、ADTS/LOAS)
(IPTV、地デジ12セグ、アクトビラ、ワンセグ対応)
Dolby Digital Dolby Digital Plus Professional Encoder
Dolby Digital Plus Professional Decoder
多重
MPEG-2 MPEG-2 Transport Stream (TS)
MPEG-2 Program Stream (PS) (分離のみ)
MPEG-4 MP4/AVC File Format
RTP
映像 RFC 3984 (H.264/MPEG-4 AVC)
音声 RFC 3016/3640 (MPEG AAC)
システム RFC 2250

 

エンコーダ入力

 

映像
Primitive SDK YUV Planar 4:2:0 (8bit):
輝度成分(Y)と色差成分(Cb、Cr)が3つのプレーンに分離され、画像がフレーム毎に格納されている8bitの4:2:0 YUVファイル
WindowsMedia、AVI、QuickTime (メディアファイル入力オプション購入時)
ActiveX SDK YUY2、UYVY、YV12、IYUV、I420、RGB(24bit)
音声
Primitive SDK Linear PCM (16bit)
WindowsMedia、AVI、QuickTime (メディアファイル入力オプション購入時)
ActiveX SDK Linear PCM (16bit)

 

コンテンツ評価機能

 

  映像評価パラメータ 音声評価パラメータ
客観評価値 推定PSNR (Y) -
推定MOS -
信号情報 画像信号 (YUV) 音声信号 (Linear PCM)
平均輝度値 音量レベル [dB SPL]
分散輝度値 ラウドネス [LKFS]
前フレームとの残差電力 -
符号化情報 ピクチャ/スライスタイプ -
平均量子化パラメータ -
符号量 -
異常検出 ブラックアウト 異音
フリーズ -
特徴検出 - 無音

 

機能

 

Primitive SDK エンコード:マルチコア対応、NVIDIA® CUDA™技術による高速エンコード(H.264/AVCのみ)
デコード:ストリーミング処理、ランダムアクセス処理
マルチプレクス/デマルチプレクス:マルチプログラム対応
編集:GOP単位編集、フレーム単位編集
コンテンツ評価:Full Reference型、Hybrid No Reference型、ブラックアウト/フリーズ/ブロックノイズ検出、無音検出、ラウドネス(LKFS)測定
字幕・データ放送連携:デジタル放送(ARIB)向け字幕作成・多重、データ放送(BCML)多重(対応予定)
RTP:パケッタイズ、デパケッタイズ
DirectShow
SDK
ActiveX SDK
RTP送受信
キャプチャボード経由のリアルタイム録画・配信
ファイル・ストリーミング再生

 

製品構成概要

 

 

 

 

PC動作環境

 

OS(*1) Microsoft Windows® Vista/7/8/8.1/10
Microsoft Windows® Server 2008/2008 R2/2012
CPU Intel® Pentium® 4 3.0GHz 以上
(Intel® Sandy Bridge マイクロアーキテクチャ以降に対応した Core または Xeon プロセッサ推奨)
メモリ 2GB以上
開発環境 Microsoft Visual Studio® 2005 (Visual C++8.0)以降
ビデオキャプチャ(*2) 以下の形式で取得可能なDirectShow互換のデバイス
YUY2、UYVY、YV12、IYUV、I420、RGB(24bit)
オーディオキャプチャ(*2) Sound Blaster® および、AC97互換のデバイス (*3)